理想的な洗車機大集合

当サイトの工事用品情報にご注目ください!

「どんなトルクレンチを購入すれば良いのか?」と考えている方が多いと思います。
しかしまずは「何の為にトルクレンチが必要なのか?」ということを考えるようにしましょう。

 

「何の為に」と言うのはトルクレンチを購入するきっかけになった作業が必ずあるハズなのです。
きっとその作業をしたいからトルクレンチが必要と考えたのでしょう。その作業内容を良く考えてみてください。

 

■エンジンを組みたい
■ホイルナットを締めたい
■補記類の点検用に
■オートバイを全バラシしてレストアしたい

 

このようにいろいろとあると思います。
なので、その目的の作業に合ったトルクレンチを探せば良いというワケなのです。

テスターなどを一般的に使用することのない車のユーザーにとりましては、バッテリーの良し悪しを判断する基準が感覚的なものになってしまうことでしょう。
これは決して絶対的な判断基準になりえませんが補助的な知識として考えてみてください。

 

エンジンの始動というのは短時間で大電流を必要とするため放電時の電圧降下が少ない必要があります。
バッテリーの性能を判断する絶対的判断基準の一つであるものがあります。
それが始動性能の感覚的判断バージョンと言う事で「エンジンの掛かりはクランキングスピード」のような判断としては正しい決断を下すことが可能となります。

 

しかし車によりましては始動時のクランキングスピードが異なっていますので、他車との比較は信頼することが出来ません。
つまり自分の車の感覚を覚えておくことが自分の車のバッテリー性能の判断基準となるのです。


 
 
ソファベッドの情報
http://innersofa.com/list/10022.html
ソファベッド、今すぐ




理想的な洗車機大集合ブログ:17-5-25
ぼくの父は膵臓ガンになってしまった。
もって半年とのこと…

「なんじゃそりゃ…」
はじめて聞いたとき、ぼくは全然実感がなかった。

ぼくは、父が風邪をひいた姿すら一度も見たことがなく、
「肉体が丈夫なだけが自慢だ」
と父自身も常々言っていた。

そんな父がガンだなんて…

ぼくはお母さんが嫌いだけど、父は大好きだ。

ぼくが高校を卒業して
芸大の写真学科に行きたいって言ったときも、
お母さんはつぶしがきかないと言って反対していたけど、
父はやりたいことをやるべきだ!と賛成してくれた。

ぼくにとって、父は良き理解者だったのだ。

24時間24時間と、
日ごとにやつれていく父を見て、
「もう助かる見込みはないんだな」と悟ったとき、
ぼくは父が楽しそうなところを撮影することに決めた。

バイト先のギャラリーが
14日間個展をさせてくれると言ってくれた。
ぼくは、大好きな父の写真集をつくろうと決めた。

死んでゆく人の最期を写真に撮るなんて不謹慎だ!
…という人もいるかもしれない。
でも父は「面白そうだな」と言ってくれた。

病室で呼吸器をつけられた父を撮影した。
父が営んでいたうどん屋の常連客が次々と病室に訪れて、
あまり多くを話すことはできないけれど、
やさしい表情で迎える父を写真に撮った。

父が亡くなって、ぼくは父の写真展を開いた。
ギャラリーに訪れた父の常連客や弟子たちは涙を流し、
写真集をめくりながら、父との思い出を語ってくれた。

写真はぼくと父との共同作品になったと思う。
お母さんとの関係も少しずつよくなってきている。

ぼくは父の子どもに生まれて、
本当に良かったと思う。

ホーム RSS購読 サイトマップ
理想的な洗車機大集合 モバイルはこちら